ヨナオシクス

まったり三十代フリーライター(ワープア)が様々なことを調べています。主なソースはWikipediaとYoutubeです。

ドナルド・トランプという小さな頃から身近にいる存在

ドナルド・トランプアメリカ大統領に就任してからかれこれ数年経つという。

 

f:id:yonaosix:20181020002809j:plain

 

選挙当時はキワモノ候補だったが、あれよあれよと当選して無謀とも思える公約を実際に実行しながら辞任せず続けている。

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の「ビフ」という悪役のモデルがドナルド・トランプだったというが、主人公のマーティがタイムトラベルした先が2015年だったので未来を予言していたと当時話題になっていた。

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー2」が1989年公開だったというが、小さい頃リアルタイムで見ていた。あれから30年近く「悪の象徴」で居続けられるのはある意味すごい気がする。

 

ちなみに日本をバブルに誘ったプラザ合意の会場「プラザホテル」のオーナーであったとは初耳だった。

 

ドナルド・トランプについてどんな人物か気になって調べていたら、意外にも彼は「酒、タバコ、薬物」をやったことがないらしい。つまり、言動から酔っているように見えるが彼は素面だということだ。

 

一見愚かなように見えるが、本当に愚かな人間であればあそこまで巨大な富は築けないだろうし、幾度の破産から立ち直ることもできないだろう。そんなストレスを酒、タバコなしでやり過ごしてきた彼にその秘訣を本に書いてほしい。

 

それにドナルド・トランプは元々民主党支持者だったようだが、なぜ急に共和党に鞍替えしたのだろうか。共和党から出馬する方が選挙に勝ちやすいという計算があったからだという話もある。

 

つまり、彼は政治家ではなくやはり生粋のビジネスマンなのだと思う。

 

そういえば、大統領就任演説の際トランプの後に一番最初にスピーチをしたのが、ユダヤ教のラビだった気がする。その後に牧師、神父のスピーチが続いてアメリカはキリスト教徒の国というイメージがあったので少し驚きだった。親族とのつながりがあるのも理由なのだろうか。

 

メキシコの壁建設、中国への関税圧力と聞くとモンロー主義ブロック経済を連想してしまうが、これが後の世界大戦の引き金になったりして。

 

実は色々考えてやっていることを願いたいが、高齢で本当に耄碌してる可能性もあるんだろうなあ。