ヨナオシクス

まったり三十代フリーライター(ワープア)の活動日記です。お金と愛が不足しています。

「自己愛過剰社会」と「依存症ビジネス」を読んで依存症を考える

「依存症」という言葉が世に氾濫している。

 

 

など「依存症」を語尾につければなんでも依存症になってしまう気もするが、本来は「快楽」である行動がなぜ「不快」に変わってしまうのだろう。「やめられない止まらない」というかっぱえびせんのキャッチコピーはまさにジャンキーの自分のためにあるようだなと思う。

 

 

色々読んだ中で良かった本を紹介する。

「依存症ビジネス」と 「自己愛過剰社会」というものだ。

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実

 

 

自己愛過剰社会

自己愛過剰社会

 

 

依存症ビジネスで依存症の外部要因と内部要因を仕分けする。

 

依存症にまつわる様々な本を読んだがシンプルに、

 

  • 外因性
  • 内因性

 

の両軸で考えると分かりやすいと思う。

「外因性」とは社会構造、産業が生み出す製品、メディアなどの影響のことで、「内因性」とは個人が生まれてから現在に至るまでに辿った軌跡またはその人の歴史のことだ。

 

依存症ビジネスの中で「ヘロイン」について触れられていて、ベトナム戦争中の兵士はヘロインを打ちながら戦っていた兵士が多かったそうだ。ヘロインと聞くと一度手を出したら廃人になってしまうイメージがあったが、帰還した兵士の多くは廃人になることなく通常の生活に戻っていったそうだ。

 

依存症と効くとお酒であれば「アルコール」、タバコであれば「ニコチン」に原因があると今までは思っていた。たしかに依存性のある成分は入っているようだが、依存症の根本にあるのはそのような「外因性」のものよりも、使う人間の心の奥底にあるもの、つまり「内因性」のものに本質的な原因があるという。

 

つまり、兵士が直面していた過酷な戦場という環境が彼らをヘロインに依存させていた可能性があるということだ。

 

「依存症は自ら選んだ障害」と依存症ビジネスはそのことについてもしっかりと触れている。

 

自己愛過剰社会で内的要因の原因を整理する

様々な「依存症」にまつわる書籍を読むと「ナルシシズム」「自己愛性人格障害」との関連が指摘されている。今までは「ナルシスト」は自分の事が大好きな人の事を指すのだと思っていたが、実のところは「素の自分が嫌いなので理想の自分を追い求めてしまう」精神構造があるようだ。

 

個人的な話になるが一日一食を実践していた際に参考に読んだ本の中に、「飢え」について「体が飢えているのではなく心が飢えている」ようなことが書かれていた。

 

それを読んでたしかに栄養としては十分とれているはずなのに、なぜこんなに頻繁に食べているのだろうと疑問に思ったことがある。断食をしていた人が「食事は娯楽」だと言っていたことがあり、「娯楽」を求める裏側に心の「飢え」の秘密があるのではないかと仮説を立ててみた。

 

このロジックはアルコールにも当てはまり、「のどが渇いているのではなく心が乾いている」と考えると大量飲酒の原因究明にも応用できる。毒物を積極的に摂取する姿勢は自然なことではないだろうし。

 

では、「心の飢え」の原因を様々な依存症の本で書かれている「ナルシシズム」に焦点を当てて考えてみる。

 

自己愛過剰社会で気になった点をメモをとった。

 

  • ナルシシズムは短期的な成功には有効であるかもしれないが、長期的には成功とほど遠くなる
  • ナルシシストは派手で、人目をひき、破滅的だ
  • 経済が順調なほどナルシシズムは強まり、経済的に困難であるほど名声を求めなくなる
  • 1970年代から離婚率が増え、自己愛性人格障害という言葉が生まれた
  • 「マイ」のつく商標やドメインが21世紀の初頭に増えた
  • SNSで若者が学んだことは、いつでも楽しむものがなくてはいけない、手に入れたら見せびらかす、成功とは消費者であること、幸せとは性的に魅力的な大人
  • ナルシシズムは長い目で見れば他人も自分も傷つける
  • 摂食障害者は傷つきやすい
  • 虚栄心に競争心が加わりナルシシズムが増加する
  • ナルシシストとの恋愛は華やかにはじまり、ボロボロになって終わる
  • ナルシシストは人をあまり赦さない
  • メディアは繁栄や自己賛美などの華やかな面だけ取り上げて、疎外や社会崩壊といった負の部分は見せない
  • 自分への慈しみはナルシシズムの治療薬
  • 自分への慈愛は自分を賛美したり、高く評価することでもだめな自分を弁護することでもない
  • 現実を正しく受け入れて自分にやさしくなること

 

自分に心当たりのあるものが数多くあった。

直接的な解決策は提示されていなかったが「許すこと」が欠落しているのではないかとヒントを与えてくれる。「他人を許せないのはまず自分を許せていないから」ということなのだろうか。

 

そして、許せない原因をもっと掘り下げていくと「アダルトチルドレン」の話に突き当たるが、それはまた別の回で書いてみたいと思う。

 

ジャンキー (河出文庫)

ジャンキー (河出文庫)