ヨナオシクス

まったり三十代フリーライター(ワープア)の活動日記です。お金と愛が不足しています。

家に来た牛乳配達のお兄さんの話。

とある日。

家のインターホンが鳴った。

f:id:yonaosix:20180523185300p:plain

 

インターホンのモニターを覗く。

 

f:id:yonaosix:20180523185607p:plain

 

すると、そこに作業服のようなものをまとった20代くらいのお兄さんが立っていた。

f:id:yonaosix:20180524172637p:plain

 

ただ、なぜか彼はすごい鼻をほじっていた。

 

すかさず、

f:id:yonaosix:20180523190039p:plain

 

と伝えた。

 

何が「大丈夫」なのかはいつもよく分からないが、知らない人が来るといつもこう言っている。

 

すると、「あの新発売の牛乳があるんですけど、今無料で一本配っているんですよ」

と用件を切り出してきた。

f:id:yonaosix:20180524172637p:plain

 

 

ただ、彼の指はずっと鼻に入ったままだ。

 

 

再び、

f:id:yonaosix:20180523190039p:plain

 

と伝えると隣の家に行ってしまった。

 

隣の家でも鼻に指が入ったままなのかすごい気になった。

 

おしまい

 

(ケース販売) 大阿蘇牛乳 200ml×24本

(ケース販売) 大阿蘇牛乳 200ml×24本