ヨナオシクス

まったり三十代フリーライター(ワープア)が様々なことを調べています。主なソースはWikipediaとYoutubeです。

「NichePhone」を落として壊してしまった。すると「Unihertz Atom」というものを見つけた。

昔使っていたAndroidスマホが壊れた際、買い換えようと思ったものの思い直したことがあった。

 

なぜなら、スマホタブレット、ノートPCと3台持っていて「たくさん持ち歩くこと」にストレスを感じていたからだ。

 

f:id:yonaosix:20180515144241p:plain

 

それに、スマホを持っていると3分に1回は触っていて、若干中毒症状のようなものを感じていた。そこで、ちょうどよいタイミングだったので脱スマホをしようと思ったのであった。

 

Niche Phone(ニッチフォン)の思い出

 

www.youtube.com

代替え機を探していたところ、ネットでたまたま「NichePhone(ニッチフォン)」というものを見つけた。ニッチとは隙間産業のあの「ニッチ」のことを言っているのだと思う。

 

クラウドファンディングのプロジェクトから生まれたスマホで、Androidをベースに開発されており、財布に収まる小ささと薄さが自分の中の琴線に触れた。さらにテザリングもできるのでルーター代わりに使えるのが魅力だと思った。

 

futuremodel.co.jp

 

価格は1万円ちょいくらいだったと思う。一年使えればいいかなと購入を決断した。

誤算だと思ったのは電話帳が入力しずらいことと、自分の契約している格安SIMは3Gテザリングに対応していなかったことだった。

 

つまり、通話しかできないデバイスを1万で買ったことになる。自分の計画性のなさを如実に表わしている出来事だった。

 

しかし、結果としてスマホ中毒の治療に役立ち、今ではGoogle Mapがなくても知らない土地を移動できるようになった。

 

ただ、この前道で落としてしまって、それ以来彼は息を引き取ってしまった。結局半年は使えたので良かったかな。

 

今は電話を持っていない。LINEはタブレットに入れているのでネット環境があれば使えるしあまり不便を感じない。

 

NichePhoneはネタとして買う分には面白いとは思ったが、仕事などで必要な人にはあまり向かないかも。

フューチャーモデル SIMフリースマートフォン NichePhone-S ブラック MOB-N17-01-BK

フューチャーモデル SIMフリースマートフォン NichePhone-S ブラック MOB-N17-01-BK

 

 

Jelly Proという小さいスマホ

www.youtube.com

個人的にスマホ5インチが一番ジャストなサイズではないかと思っている。それ以上大きくなると、もはやタブレットでいいじゃんとなってしまう。

 

NichePhoneを所持して以来、小さいスマホに魅了されてしまい今のでかいスマホにはもう戻れない。そこで他にも何かないかなと探していたところ、「Jelly Pro」というものを見つけた。

 

JELLY - Unihertz

 

これもクラウドファンディングで生まれたスマホだそうだが、2.45インチのディスプレイと聞いて生ツバを思わず飲み込んでしまった。

 

「欲しい。。」

 

価格も1万円とちょいなので、最悪一年使えればいいなという感じだ。「反省」という言葉は自分の辞書にはない。

 

しかし、色々と調べているとどうやら同社から新しいスマホを発表するようだ。

 

Unihertz Atomは頑丈が売りらしい

www.youtube.com

新しい機種はAtomという名称で、ディズプレイサイズはそのままに頑丈、防水、バッテリー容量アップといいことずくめのようだ。

 

6月にクラウドファンディングの有名サイト、kickStarter(キックスターター)」で発表するらしい。

 

Kickstarterを使ったことがないので、システムがよくわからない。

www.kickstarter.com

 

オフィシャルサイトでは47%オフの招待を募集している。

www.ogadget.com

 

Twitterアカウントもある。

twitter.com

 

いくらの47%オフかがすごい気になるところだ。10万円の47%オフなら5万円になってしまう。

 

一万円台ならこれを買うことにしようと思う。