ヨナオシクス

まったり三十代フリーライター(ワープア)の活動日記です。お金と愛が不足しています。

Google AnalyticsからData Retention Controlに関するメールが届いた

 

初心者への指南サイトを見て流されるままに設定したGoogle Analytics

ほとんどはてなブログアクセス解析しか見てないので使っていなかった。

 

しかし、メールボックスGoogle Analyticsから謎のメールが来た。

 

f:id:yonaosix:20180509100125p:plain

 

全文英語だが、

とりあえず読解してみると「data retention(データ保持)の新しい設定が2018年5月25日に行われるのでそれまでに設定しなおしてください

 

ということらしい。

 

設定しなおさないと何が起こるかというと、

 

  • retention setteingより古いデータは削除の対象となり、google analyticsからアクセスできなくなる。
  • retention settingより古いセグメンテーション、カスタムレポート、セカンダリディメンションはデータ削除の影響を受ける
  • 総計を元にしたデータ(?)は影響を受けない。

とあった。

 

言ってる意味が全くわからないが、とりあえず設定したら無難そうだから設定してみることにした。まるで、生命保険に加入したときと同じ心理状態だ

 

設定してみる

f:id:yonaosix:20180509102309p:plain

 

Google Analyticsを開いて、「設定」→「トラッキング情報」→「データ保持」と進んでいくとこの画面が出てくる。

 

意味が分からない。

 

とりあえず「データ保持」で検索したらこんな記事を見つけた。

genesiscom.jp

 

ああ、やっと意味が分かった。

ブログを開設して26ヶ月も経っていないので自分には関係ない話だった。

 

関係ある人は、「ユーザーとイベントデータの保持」を必要な期間に変えたらいいそうだ。

 

とりあえず、自分は「自動的に期限切れにならない」にしておいた。これが、どう効果を発揮するのかは知らない。

 

まとめ

とりあえず設定を完了した。

 

そして、これが何なのか、そしてどういう意味があるのかは分からない。

 

世の中そうやって回っているのだから。

 

おしまい。