ヨナオシクス

まったり三十代フリーライター(ワープア)の活動日記です。お金と愛が不足しています。

自己責任論について考えてみよう

「自己責任を声高に叫ぶ時、大体その人間は調子が良い時だ」

 

と思う。

 

「上手くいくのも上手くいかないのも自己責任だろ」

 

というやつだ。

 

その事について気がついたエピソードが一つある。

 

兄弟の友人に一人とても家庭環境に恵まれない子がいた。

 

たまに家に遊びに来たりもしていたが、話しているとなかなか頭の回転の速い子で、色々と物を知っていて関心したこともあった。彼の兄弟も聞くところによると誰もが知っている有名進学校に通う秀才のようだった。

 

頭の良さはあったものの、この兄弟は親に恵まれなかった。結果的に彼は有名進学校を辞めアルバイト生活をして荒んだ生活をするようになる。最終的には兄弟両方とも生活が破綻していた。

 

このときに思ったことがあった。「自己責任とはなんなのだろう」と。

 

分野を問わず多くの人間が成功を得るには、努力が必要であることは理解できる。ただ、果たして彼らは彼らの努力だけでその成功を獲得できたのだろうか。

 

例えば有名大学出身を誇る人間の中に「親に包丁で刺されそうになった」と深夜に友人の家のドアと叩いた経験がある者はいるのだろうか。

 

たまたま恵まれた家庭に生まれた結果、勉学に励む環境に恵まれたからそうなっただけとは考えないのだろうか。

 

もちろん人並み外れた努力をしているのは分かるが、大前提となるベースがイコールではないのに、自己責任論を振りかざすのは傲慢で横暴なのではないかということだ。

 

こうして長い間自己責任について考えているとある日「運」という言葉が頭に浮かんだ。

 

「そうか、自己責任を運という言葉に置き換えたらとてもマイルドになる」と。

 

「上手くいくのも上手くいかないのも運だろ」と。

 

「努力しようと思ったのも、そういうきっかけがあって運よく努力しただけだろ」と

 

どこか運命論のようで、責任回避のようにも聞こえるが、物事を突き詰めるとこういうことなんじゃないかなと最近よく思う。

 

こうして、ブログを書き始めたのもふとしたきっかけが理由だったしね。

 

運を支配する (幻冬舎新書)

運を支配する (幻冬舎新書)