ヨナオシクス

まったり三十代フリーライター(ワープア)の活動日記です。お金と愛が不足しています。

30代になると増える結婚の話題

30代になると「結婚」についての話題が周りで増えたと感じる。

 

20代の頃にも結婚した友人は山ほどいたが「したんだ」くらいのスタンスで軽く流す程度であった。

 

20代の頃の結婚話は「余裕」をもって語られるが、30代の結婚話は「逼迫感」に満ちあふれている。



基本的に女子がする話で男同士ではあまり口にすることはなかったが、やはり30代も後半戦に突入すると性差なく語られるようになる。

 

どうしよう」という言葉と共に。

 

この「どうしよう」の背後には、

 

このまま一人で年老いて死んでいくのだろうか

周りは次々に子供が生まれて自分は自分の子供を抱けないまま一生を終えるのだろうか

 

など「」というビッグワードが隠れている。

 

20代の結婚話は「」や「希望」で、30代の結婚は「」や「孤独」の恐怖によって促される。



では、結婚をすることで問題が根本から解決するのかといえば必ずしもそうとはいえない。「結婚」がさらなる修羅場を作った話を数多く聞いてきた。彼ら彼女らはその話になると優れたストーリーテラーへと毎回変貌する。



仕事が順調でお金を持っている人間であれば、「死」や「孤独」の恐怖をお金によってある程度解消できるのだから、結婚という選択肢を選ばなくてもよいのではとも思った。しかし「仕事だけでは発展がない」「意味がない」と結婚に踏み切っていく姿も数多く見た。



このように、様々な事例を聞いたことで一つ分かったこと。それは結婚とは非常に「非合理的」なもので、ロジックで説明できるものではないということだ。生物的な本能とでもいうのだろうか。

 

この前聞いたラジオでとても良いことを言っていた。

 

一人で幸せを感じることができない人間は、結婚しても幸せを感じれないよ」と。

 

ここになにか重要なヒントが詰まっている気がする。

 

いずれにしても、フリーランス(無職)が結婚をすることはない。あるとすれば、自分よりも稼ぐ能力のある人間を支える形になると思っている。

 

相手をリスペクトする気持ちは大事だね。

ヒモックマ まるごとブック【豪華5点セット付録】 (バラエティ)