ヨナオシクス

まったり三十代フリーライター(ワープア)が様々なことを調べています。主なソースはWikipediaとYoutubeです。

コインチェックと豊田商事事件の話

ここ最近話題となったコインチェックによる顧客資金流失騒ぎだが、なぜかこの話題になると引き合いに出されるのが豊田商事事件だ。なぜか数年前に起こったマウントゴックスによる流失ではなく、十数年前に起こった豊田商事事件が出てくるのが不思議に感じられた。

 

豊田商事とは1980年代に話題となった金融業者で、金の地金をあたかも存在しているかのように証券化し強引な営業手法によって多額の資金を高齢者を中心に集めていた。

 

詳しい全容はWikiから

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/豊田商事事件

 

当時豊田商事もテレビCMを多用することで知名度を得ようとしていたそうだが、コインチェック出川哲朗氏を起用したCMを流したことから事件を連想した人が多かったのかもしれない。

 

明確な詐欺の意図はないものの、仮想通貨もある意味では実態のない金融商品であることも共通している。

 

ただ、色々調べていくうちに豊田商事事件とコインチェックには「永野一男」と「和田晃一良」という経営トップの出自に大きな違いがあった。

 

永野一男はとても貧乏な家庭で生まれたらしく、金に対する異常なまでの執着心はこの幼少期の体験からきているようだった。集団就職デンソーに職を見つけた後、金融関連の会社をセールスマンとしていくつも渡り歩いたようだった。

 

どこまでが事実かは分からないが、豊田商事事件の全貌についてとてもよくまとめられたページを見つけたので詳しくはこちらを参考にしてほしい。

「豊田商事」会長刺殺事件

 

対する和田晃一良氏は東京工業大学AO入試で合格し、学生起業によってコインチェックの前身となるレジュプレスを立ち上げる。和田氏はプログラムの大会で何度か優勝しており、経営者よりも技術者としての色が濃い人物のようだ。

 

詳しくはWikiを参照

和田晃一良 - Wikipedia

 

どちらも巨額の資金に関連するトラブルを起こしているが「金」に対する呪いにも似た感情は圧倒的に永野氏が強いように見える。問題の規模に対して和田氏は言い方は悪いが子供がいたずらをして怒られているかのような幼さが感じられる。

 

永野一男氏は殺害時手元に700円あまりしか持っておらず残りの2000億円は行方不明になってしまったそうだ。

 

コインチェックで流出したネムは切り売りされているとか色んな話を聞くが、最終的に誰の懐に入るのだろうか。

 

仮想通貨を始めようとした矢先の事件だったので今もまだ始めようか迷っているところだ。

 

逆に今がチャンスな気もするんだが。。

こんな考え方をしているからフリーターなんだろうな。