ヨナオシクス

まったり三十代フリーライター(ワープア)の活動日記です。お金と愛が不足しています。

お酒をたくさん飲める体に生まれたことを呪う

フリーター生活の慰み物として大いに貢献してきたのがタバコと酒だ。

 

タバコは一箱せいぜい500円程度で一日持つが酒は一回飲みに行くと3000円以上かかる。禁煙はなんとか続けることができているが、禁酒はどう頑張っても一月続けることができない。さらに、禁煙でストレスが溜まった分飲酒量が増え全体的な支出が肥大しているのが目下の悩みだ。

 

とはいえほとんど外で飲むだけで家飲みは全くと言っていいほどしない。家で飲んでもそこまで充実感を感じることがなく、せいぜい飲んだとしても缶ビール2、3本程度で満足してしまう。恐らく酒自体にそこまで興味がないからかもしれない

 

しかし、一度飲みだすと止まらない。何軒もはしごをして最終的に吐くまで飲んでしまう。非常にもったいない行動だし、次の日にも大いに影響が出てしまうのでなんとかしたいと思っている。

 

健康面でも30代半ばに近づいてきてから症状が顕在化してきていて、胃炎、腸炎、食道炎など消化器系があまり正常に機能していない。

 

デメリットがこれだけ明確になっているのに、飲みに行く理由はただひとこと「楽しい」からである。日頃接することがない人々と話すことはエンターテインメントとしてはこれ以上ないものだ。何事も体にムチを打ってまで続けてしまう裏にはやはりそれ相応の理由があるということだ。

 

飲めることは誉れだと十数年続けてきた行動だが、ついに体に限界を感じ始めたことはよいきっかけになりそうだ。飲める体を呪うことになる日が来るとは思わなかった。

 

禁煙セラピーに続いて禁酒セラピーも読んだがまあまあだった。

 

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)