ヨナオシクス

まったり三十代フリーライター(無職)の活動日記です。お金と愛が不足しています。

金曜ロードショーのかぐや姫と「生」と「死」

先週金曜日。

 

普段あまりつけないテレビを見ながら晩飯を食べていたら、偶然変えたチャンネルで金曜ロードショーがちょうど始まっていた。

 

冒頭、宮崎駿監督が葬式で挨拶をしている映像が流れていて、ずっと見ていたら高畑勲監督の遺作「かぐや姫の物語」を地上波初放送するとのことだった。

 

f:id:yonaosix:20180522201445j:plain

 

そもそも、かぐや姫といったら「竹から生まれ、途中たくさんの男に求婚され、無理難題出した後月に戻っていく」くらいのメンヘラ美少女が主人公の話という記憶しかない。

 

最後に見たジブリが「アリエッティ」だったので、

今回もまた話が投げっぱなしになるのかと少し不安を感じながら鑑賞を始める。

 

 

つ映画のトレーラーだよ。

www.youtube.com

 

まず、色彩がとても鮮やかな映画で、綺麗という言葉がそのまま当てはまる。

そして、筆で描いたようなタッチの絵柄が昔話感を演出していた。

 

かぐや姫が赤ん坊から成長していく過程も緻密に描かれていて、どんどん美しくなっていく様は見ていて心を打つものがある。

 

しかし、何しろ長かった。3時間くらいだったかな。

 

見終わった後も余韻が抜けきれず色々調べていた。すると、故高畑勲監督はこの映画に「生と死」のメッセージを込めていたという情報を見つけた。

 

「月の世界」は死の世界で、かぐや姫は生きることの喜びを知るために「地上の世界」へ降り立ったというコンセプトだったそうだ。

 

そういわれてみると、所々にそのような形跡はあったかも知れない。ただ、「地上の世界」においても、かぐや姫は終始生きる喜びを感じていたかといえばそうでもなかった。

 

かぐや姫の表情に「生」と「死」が顕著に表れていたような気がする。

 

幼少期の野原を駆けずり回るかぐや姫は満面の笑みを浮かべ、生きる喜びを全身で表している。

 

しかし、都に召されてからは表情は一点暗くなる。そこに、月の世界の死の臭いを感じとるかのように。しかし、翁は「高貴な殿方に召されるのは幸せなことだ」と娘の幸せを願い奮闘する。

 

個人的にこの映画のクライマックスだと感じたのは、かぐや姫が都に出てきてからお忍びで花見に出かけるシーンだ。

 

両手を大きく天に向かって広げ、桜の美しさを体全体で味わい、そこには生きることの素晴らしさが凝縮されていたと思う。ただ、とある出来事ですぐその喜びも冷めてしまうのだが。

 

結果的にかぐや姫は再び月という死の世界へと戻っていくのだが、地上の世界でどれくらい「生きる」喜びを味わったのだろうか。実は「生きながら死んでいる」期間の方が長かったのではと思ったりもする。

 

これは、かぐや姫に限らず多くの人間に言えることではないだろうか。

 

なるべく多くの「生きる喜び」を味わって死にたいものだが、かぐや姫でも難しい事を果たして凡人ができるのかな。。

かぐや姫の物語 [DVD]

かぐや姫の物語 [DVD]

 

 

GDPRが実施されるとWebの広告収益が下がるかもしれないらしい

最近、「GDPR」という単語を日経新聞でよく目にする。

f:id:yonaosix:20180521185317p:plain

 

内容を読むとGDPRは「General Data Protection Regulation」の略で、「EU一般データ保護規則」を意味しているらしい。

 

そして、このGDPRの導入日が2018年5月25日なのらしいのだが、どこかで見覚えのある日だった。

 

以前、記事にも書いたがGoogle Analyticsから届いたメールの日付も2018年5月25日までに設定を変えろということだった。

www.yonaosix.com

 

何か関連があるのだろうと思い調べてみることにした。

 

GDPRは何のためにあるのか?

 

GDPRは個人のデータ保護のためにあるらしい。

f:id:yonaosix:20180521185238p:plain

個人と言っても「EUに居住している個人のデータ」を指している。

 

EUに拠点を置く組織が規制の対象だが、EUに居住している人間に商品やサービスを提供している組織もそれに含まれる。eBayとかでEU諸国に物を売ってる人はどうなのだろう。

 

違反に対する制裁金も日本円で数十億円くらいと巨額のようで、対策に必死なのだろう。

 

Google AnalyticsもGDPRと関係がある

f:id:yonaosix:20180521185436p:plain

 

どうやら、Google Analyticsからメールがきたのもそれの一貫のようだ。

GDPRの適用範囲が海外からEUに向けてのものサービスも含まれるなら、Google Analyticsが取得するサイトに訪れたEUユーザーのCookie情報もそれにあたるからということか。

GDPRができると広告収入が下がる?

f:id:yonaosix:20180521185613p:plain

さらに、日経新聞にはGDPRが導入されたらWebの広告収入が下がる可能性かあるとも書いてあった。

 

個人情報が保護されることで、「ターゲティング広告」といった個人の過去の検索情報を元にした提案型広告に制限がかかるからだ。

 

それに関してはやり過ぎ感があるので少しは規制したほうがよさそうな気もするが。

 

今はEUだけだが、これがグローバルな流れになったら日本もその影響が出るのだろう。

 

広告で稼げる人は今のうちに稼いだ方がいいということなのかな。。

稼いでないからあんま関係ないけどね。

 

スタイラスペンを買ったので絵を描いてトラックパッドとの違いを検証した

ノートパソコンのトラックパッドで絵を描くのがしんどいので、

スタイラスペンを買った。

 

999円で3本入っていた。

三本もいらないなと気がついた。

f:id:yonaosix:20180518191519j:plain

 

ということでトラックパッドスタイラスペンでどれだけ違うのか

描き比べてみた。

 

ドラえもん

やはり、ドラえもんが一番分かりやすいだろう。

 

まずは、トラックパッドで描いてみた。

こんなものだろう。

f:id:yonaosix:20180518191832p:plain

 

 

次に、伝家の宝刀スタイラスペンを使って描く。。

 

 

 

「!?」

f:id:yonaosix:20180518192226p:plain

 

タッチパッド式のノートパソコンのモニターに直接描いたら

上手く反応しない。。

 

うわあ。

 

メディバンペイントというフリーソフトを使う

 

仕方がないので、メディバンペイント(Medibang Paint)という

フリーのお絵かきソフトで描いてみた。

 

こんだけ機能がついて無料なのがすごい。

medibangpaint.com

 

 

 

 

では早速描いてみよう。

 

 

 

 

 

「サラサラ。。サラサラ。。」

 

 

 

 

 

 

「か、描きやすい。。」

 

 

 

 

 

 

「はい、完成」

f:id:yonaosix:20180518193753p:plain

 

 

 

まあ、そもそも絵心がないので道具があったからといって、絵が上手くなる訳ではないのはそもそも分かっていたよ。

 

 

~完~

決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

 

AIが企業面接を行う世界。AIは人の本質を瞬時に見極められるのだろうか?

今日の日経新聞をパラパラとめくっていたら、AIを企業面接で活用する動きがあるという内容の記事を見つけた。

f:id:yonaosix:20180517162456p:plain

 

受け答えの内容、さらには表情などの情報を解析して、面接を受けに来た人間の適正を判断するそうだ。

 

「世も末だな。。」という感じだが、確かに企業の人事担当者が、「その人間がどんな人間で適正があるのか否か」を30分そこらの短い時間で見抜くのは難しいと思う。

 

基本的に面接を実施する側に与えられた判断材料は少ない、

 

・履歴書

職務経歴書

・見た目

・所作、表情、話し方、声の大きさ

・会話の内容

 

履歴書

f:id:yonaosix:20180517162617p:plain

 

年齢、性別、学歴、資格を確認する書類。

 

豆知識だが、欧米だと年齢と性別の記載は差別になるので記載しないらしい。

 

ここで多くの足切りが行われる。

 

これは確かに入力フォームにしてデータベース化したら自動化できそうだ。世に言う、学歴、年齢、性別フィルタだ。

 

職務経歴書

f:id:yonaosix:20180517162816p:plain

今までどのような職務を行ってきたかを記載する書類。

履歴書と合わせて提出するので、ここで興味を持ってもらえる場合もある。

 

これは、微細な内容の意図をAIは判断できないのではないかと思ってしまうが、テクノロジーはもはやそこまで可能なレベルにいるのかも知れない。

 

見た目

f:id:yonaosix:20180517163009p:plain

「人は見た目が9割」という本があったが、やはり人は第一印象を見た目で判断してしまう生き物だ。

 

ただ、美男美女であることと、会社でのパフォーマンスが高いかどうかは必ずしもイコールであるとはいえない。

 

屈強であることが営業成績に結びつくわけでもなく、哲学者のような見た目をしているからといって賢いとは限らない。

 

「後に会社に革新をもたらす可能性のあった人物であったものの、見た目が振るわなくて落としてしまった」。なんてこともあるかもしれない。

 

過去の実績ベースで判断するのであれば、AIであっても無難な人選になる気もする。ただ、それは人間であっても同じような判断基準だからあまり関係ないのだろう。

 

 

所作、表情、話し方、声の大きさ

f:id:yonaosix:20180517163131p:plain

ここが、恐らくAIが真価を発揮するポイントなのかもしれない。

 

「人間は思っていることが目の動き、表情、そして声色などに少なからず出てしまう」と心理学の本で読んだことがある。

 

そして、そういった情報からバイタリティや、健康状態なども読み取られてしまうかもしれない。

 

つまり、カメラやマイクを通して「嘘発見器」のような効果を期待できるわけだ。

 

そうだとしたら少し怖い。

 

会話の内容

f:id:yonaosix:20180517163409p:plain

結局、面接で一番大事なポイントは「会話の内容」にあるのだと思う。

 

自己分析を行ったか、企業研究をしたか、自己PRをしっかりとできたか。といった部分だ。

 

ベテランの営業職の人間は「見た目よりも会話の内容でその人間性が分かる」らしい。

 

つまり、人間性の分かる質問をAIにランダムに問われたら、対策をしていてもボロが出てしまうのだろう。

 

実用化されたら

f:id:yonaosix:20180517163516p:plain

AI面接マシーンが実用化されたら、省力化から後日メールではなくその場でお祈りされてしまうのだろう。端末に「合格です」とか「次のご健闘お祈り申し上げます」と表示されて。

 

それに、採用する以上定着率を重視したいはずなので、離職率の高い人間のデータをデータベース化して参照するので、面接のパフォーマンスが良くても、なぜか落とされる人間も出てくるかもしれない。

 

人の本質を見極める精度は今より上がるのか下がるのか。。

早めに転職しようかな。。

 

お金がないとお金の定義をついつい考えてしまう話。

バイトをクビになり早1ヶ月と少し。

フリーライターという名の無職との間へ転身し、雀の涙ほどのお金をもらいお金を稼ぐ大変さを知る。

f:id:yonaosix:20180516160947p:plain

 

  • 食事は基本1日1食(液体は含まない)。
  • タバコはやめた。
  • 酒もなかなかやめれないが量は減った。
  • スマホも受電用に使用するだけでデータ利用を解約。

 

だんだんとお金がない暮らしにも慣れてきた。

皮肉な話だがお金が無くなったことで、心身共にどんどん健康になっている。

 

元々は資本主義の申し子のような人間なので、「お金がほしいお金がほしい」といつも口にしていた。なぜあんなにお金がほしいと思ったのだろうか。

 

物に対してはあまり執着がない。服、車、時計にもあまり興味は無かった。片付けが下手なので物が増えると部屋が汚くなるというのも理由だった。

 

それよりも、旅行や飲み代といった「体感できるもの」にお金を使っていたような気がする。その方がいずれお金を生むような気がしたのだろうし、実際そういうこともあった。

 

つまり、根の部分に「お金」に対する言い得ぬ執着が存在するのだ。

ただ、紙と鉄と数字の羅列それ自身に執着しているという訳でもない。

 

お金の何がそんなにほしいのだろう。

 

信用

お金の代表的な定義として「信用」がある。

f:id:yonaosix:20180516161104p:plain

 

日頃何気なく行っている消費行動も冷静に考えると不気味だと思う。

 

なぜ、見ず知らずの人間が商店の棚から商品を取り出し、店員に紙切れや鉄くずと交換してくれと交渉してそれが成立するのか。

 

それはその紙切れや鉄くずを店員が「信用」しているからその取引が成立するということらしい。正確にはその紙切れや鉄くずを製造発行している「国家」を信用しているのだが。

 

つまり、たくさんお金を持っている人とは「信用」をたくさん持っているということでもある。ただそれは、その人間が清廉潔白で善良な人間かという意味での「信用」ではなく、国のお墨付きをたくさん持っているという意味での「権力としての信用」を指している。

 

ツケで飲んだときの「信用」はどちらの信用なのだろう。人間の善良さを「お金」に換算するシステムを作れば少しはマシな世の中になるのだろうか。善良の尺度を測るのが難しいが。

 

自分がお金を欲しいと思った背景には、権力が欲しいという無意識の願望があったのだろうか。それとも人から善良な人間だと思われたかったのだろうか。

 

感情の増幅装置

もう一つの定義としてお金は「感情の増幅装置」という見方もできる。

 

お金には信用を根拠にした願望を現実化する「力」がある。全てとは言わないが大方の願望を叶えてくれるのではないだろうか。

 

一種のドラえもんのようなものだと考えると分かりやすい。

f:id:yonaosix:20180516161512p:plain

 

ただドラえもんの作中では、自分の実力以上の力を持ったのび太くんは「もっともっと」と自分の中の感情が増幅するのを止められなくなって暴走してしまう。

 

現実世界ではそれが購買行動に置き換わる。「もっとほしい」という感情が止められなくなる。

 

自分に下駄を履かせて夢を見てしまったがゆえ、元々の何もない自分が惨めに見えてしまうので欲しいという気持ちが止められなくなる。

 

そんな心理がお金を欲しがらせたのだろうか。

 

麻薬

以前何かで読んだ本の中に、「これから儲かるという話を聞いた人と、これからコカインを摂取できると聞いた麻薬中毒者の脳をスキャンしたら同じような反応が見られた」といったことが書いてあった。

 

なかなか衝撃的な内容だったのだが、お金とはつまる話「脳内麻薬」であると考えると色々と腑に落ちところがあった。

f:id:yonaosix:20180516161605p:plain

 

必要以上にお金を欲しがっていたのはクスリがきれた状態で、お金がなくなった今は薬物治療をしてシラフに戻っているのだと考えると、現在の心身の爽快さを説明できる。

 

お金の定義は千差万別

自分はあまりお金に対してポジティブな意見を持っていないからか、

こういった定義が出てきたのだと思う。

 

世の中にはきっと別な意見もあって、「お金はわたあめみたいにフワフワしている」なんてことを言う人だっているだろう。そして、おそらくそういった考えでいた方がお金に好かれると思う。

 

マイ定義では「お金=麻薬」説が現在は最有力だが、これも時と共に変わっていくのかもしれない。

 

 

f:id:yonaosix:20180511122303p:plain

「足ることを知るって大事だね」

 

 

「NichePhone」を落として壊してしまった。すると「Unihertz Atom」というものを見つけた。

昔使っていたAndroidスマホが壊れた際、買い換えようと思ったものの思い直したことがあった。

 

なぜなら、スマホタブレット、ノートPCと3台持っていて「たくさん持ち歩くこと」にストレスを感じていたからだ。

 

f:id:yonaosix:20180515144241p:plain

 

それに、スマホを持っていると3分に1回は触っていて、若干中毒症状のようなものを感じていた。そこで、ちょうどよいタイミングだったので脱スマホをしようと思ったのであった。

 

Niche Phone(ニッチフォン)の思い出

 

www.youtube.com

代替え機を探していたところ、ネットでたまたま「NichePhone(ニッチフォン)」というものを見つけた。ニッチとは隙間産業のあの「ニッチ」のことを言っているのだと思う。

 

クラウドファンディングのプロジェクトから生まれたスマホで、Androidをベースに開発されており、財布に収まる小ささと薄さが自分の中の琴線に触れた。さらにテザリングもできるのでルーター代わりに使えるのが魅力だと思った。

 

futuremodel.co.jp

 

価格は1万円ちょいくらいだったと思う。一年使えればいいかなと購入を決断した。

誤算だと思ったのは電話帳が入力しずらいことと、自分の契約している格安SIMは3Gテザリングに対応していなかったことだった。

 

つまり、通話しかできないデバイスを1万で買ったことになる。自分の計画性のなさを如実に表わしている出来事だった。

 

しかし、結果としてスマホ中毒の治療に役立ち、今ではGoogle Mapがなくても知らない土地を移動できるようになった。

 

ただ、この前道で落としてしまって、それ以来彼は息を引き取ってしまった。結局半年は使えたので良かったかな。

 

今は電話を持っていない。LINEはタブレットに入れているのでネット環境があれば使えるしあまり不便を感じない。

 

NichePhoneはネタとして買う分には面白いとは思ったが、仕事などで必要な人にはあまり向かないかも。

フューチャーモデル SIMフリースマートフォン NichePhone-S ブラック MOB-N17-01-BK

フューチャーモデル SIMフリースマートフォン NichePhone-S ブラック MOB-N17-01-BK

 

 

Jelly Proという小さいスマホ

www.youtube.com

個人的にスマホ5インチが一番ジャストなサイズではないかと思っている。それ以上大きくなると、もはやタブレットでいいじゃんとなってしまう。

 

NichePhoneを所持して以来、小さいスマホに魅了されてしまい今のでかいスマホにはもう戻れない。そこで他にも何かないかなと探していたところ、「Jelly Pro」というものを見つけた。

 

JELLY - Unihertz

 

これもクラウドファンディングで生まれたスマホだそうだが、2.45インチのディスプレイと聞いて生ツバを思わず飲み込んでしまった。

 

「欲しい。。」

 

価格も1万円とちょいなので、最悪一年使えればいいなという感じだ。「反省」という言葉は自分の辞書にはない。

 

しかし、色々と調べているとどうやら同社から新しいスマホを発表するようだ。

 

Unihertz Atomは頑丈が売りらしい

www.youtube.com

新しい機種はAtomという名称で、ディズプレイサイズはそのままに頑丈、防水、バッテリー容量アップといいことずくめのようだ。

 

6月にクラウドファンディングの有名サイト、kickStarter(キックスターター)」で発表するらしい。

 

Kickstarterを使ったことがないので、システムがよくわからない。

www.kickstarter.com

 

オフィシャルサイトでは47%オフの招待を募集している。

www.ogadget.com

 

Twitterアカウントもある。

twitter.com

 

いくらの47%オフかがすごい気になるところだ。10万円の47%オフなら5万円になってしまう。

 

一万円台ならこれを買うことにしようと思う。

 

キャッシュレス社会は金銭に対する感覚をますます麻痺させるのではないかと思った

公開していたAmazonほしいものリストでアマゾンギフト券をもらった日、嬉しくて朝まで寝れなかった。

 

そして、色々考えた結果ほしいものリストを公開するのをやめて過去の記事も消してしまった。

 

f:id:yonaosix:20180514112058p:plain

 

「こんな遠足の前日のような日が続いたら不眠症で死んでしまう」

 

と思ったからだ。

 

もらっておいて大変失礼な話だが、金額は「500円」とそんなに大きな金額ではない。しかし、ただの数字の羅列ではなく「現物」でもらうと、「もらった」という実感がありありと感じられて10万円銀行振込されるよりもはるかにありがた味があった。

 

なんというか「リアル」なのだ。

 

封筒を開封する作業から、目に飛び込んでくるギフト券の装飾と「500」という数字、そして手に持ったときの紙の手触り。それは500円であって500円ではなかった

 

自分の描いた謎の絵や駄文に何かしら感じた人が、自分のお金を費やしてAmazonで商品購入ボタンをポチッと押してくれた。それだけでもすごいことなのだが、さらにその商品券を運ぶために宅配便のドライバーさんまで動かしてしまっているのだ。

 

もうなんというか、申し訳ないという気持ちしかない。

 

Adsenseアフィリエイトの数字の羅列とはまた違った感覚。給料の銀行振込のときでも味わったことのない感覚。大人になってから初めてかもしれない。

 

あの商品券は使わずに神棚に飾っておこうと思う。

 

今回の件でネット漬けの日々の中、知らず知らずのうちに麻痺してしまっていた自分の感覚に気がつけたことは良かったと思う。

 

話は変わるが、最近キャッシュレスへ移行するのが世の中のトレンドみたいになっている。

 

多分、消費スピードは向上して、経済の循環には大きな影響を与えると思う。今もすでに半キャッシュレス社会にはなっているが。

 

キャッシュレスでは日本の一歩先を行く中国は、お年玉を電子マネーで払うのが流行っているらしい。

 

お年玉っていうのは「のし袋」に入っていて、開封する瞬間がとても楽しかった記憶がある。あの時も「五感」を使って「もらった」という感覚を全身で味わっていたような気がする。あのときも嬉しかったなあ。

 

だから、お年玉を電子マネースマホゲーのような感覚でもらうようになったら、どんな感性になってしまうのかは少し興味がある。

 

話をまとめると、金銭に対する感覚が希薄になると、きっと「感謝」という感情が同じくらい希薄になっていくのではないかということが言いたかった。なぜなら経済活動が日常生活の大部分を占めるため、次第に思考がそれに順応していくからだ。

 

これからはそういう流れがどんどん加速していくだろうし、止められないし止まらないだろうなあ。